目次

2010年10月11日

ガーデンカフェは人、人、人!


image-20101016151615.png

image-20101016151642.png

image-20101016151705.png


posted by kobe at 15:17| 兵庫 ☁| Comment(0) | 今の活動きいといて! | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年10月10日

ダンス展示室3






終了後は、参加アーティストによるアフタートークがありました。

image-20101013104217.png
posted by kobe at 12:00| 兵庫 ☀| Comment(0) | 今の活動きいといて! | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ダンス展示室2





posted by kobe at 10:27| 兵庫 ☀| Comment(0) | 今の活動きいといて! | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ダンス展示室

旧神戸生糸検査所で行われたダンスボックス企画のダンス展示室!
建物内でを巡りながら、ダンスの展示を楽しむという試み。
びっくりするほど楽しかったです!




posted by kobe at 00:00| 兵庫 ☀| Comment(0) | 今の活動きいといて! | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年10月09日

この場所も何かがはじまろうとしています

旧神戸生糸検査所でのまたまた新しいアートイベントが着々と準備中。
検査所内にタワー出現!
ミラクルタワー「twist&shout」10月22〜24日 開催!
image-20101012145833.png
posted by kobe at 19:41| 兵庫 ☁| Comment(0) | 今の活動きいといて! | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年10月06日

2010年10月05日

「KOBEデザインの日」記念イベント2010 その2

「神戸+デザイン」オープニングシンポジウムのご案内

平成22年10月15日(金)

第1部 15:00〜18:00
都心・ウォーターフロントシンポジウム
「神戸の都心の魅力と可能性」〜ウォーターフロントを巡って〜
“港都 神戸の将来像”のアイデア募集の優秀学生による公開プレゼンテーション、蓑豊氏による文化芸術を活かしたまちづくりに関する基調講演、都心・ウォーターフロントの可能性についてのディスカッションを行います。

<パネリスト>
蓑  豊  (兵庫県立美術館館長)
今西 珠美 (流通科学大学サービス産業学部観光・生活事業学科准教授)
曹  英生 (南京町商店街振興組合理事長)
渡辺 真二 (メリケンパーク協議会会長)
安田 丑作 (神戸大学名誉教授、「港都神戸」グランドデザイン検討委員会会長)

<コーディネーター>
齊木 崇人 (神戸市統括監)

第2部 18:30〜21:00
+DESIGN シンポジウム
〜神戸の、日本の、世界のためにデザインができること〜
デザインが向き合うのは、いま、商品や広告だけではありません。暮らしや社会の様々な問題に取り組み、解決を生み出し始めています。クリエイティブディレクターの永井一史氏らによる、先進的な取組の紹介やディスカッションによって、地域社会、神戸、日本、そして世界のためにデザインができることを語り合います。

<プレゼンター・パネリスト>
永井 一史 (クリエイティブディレクター、HAUHODO DESIGN 代表取締役社長)
永田 宏和 (企画・プロデューサー、特定非営利活動法人プラス・アーツ理事長)
槻橋 修  (建築家、神戸大学大学院工学研究科准教授)

<コーディネーター>
山崎 亮  (ランドスケープアーキテクト、株式会社studio-L代表取締役)

参加希望の方は、以下のメールアドレスに必要項目を記入のうえ、送信してください。追って、事務局より申し込み完了のメールを送らせていただきます。
定員に達し次第、申し込み受付を終了させていただきます。
sympo(アットマーク)kobeplusdesign.jp (アットマーク)を@に置き換えてお送りください。
■お名前(ふりがな) ■性別 ■年齢 ■所属(会社・学校等) ■住所 ■電話番
号 ■参加の部(第1部・第2部・両方)
posted by kobe at 12:12| 兵庫 ☀| Comment(0) | 今の活動きいといて! | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

第2回神戸創庫おもしろくし隊(評価ツアー)

神戸創庫おもしろくし隊 評価ツアー参加募集!

みなとまち神戸の近代化の歴史を物語る「旧神戸生糸検査所」は、「デザイン都市・神戸」のシンボルとなる‘創造と交流’の拠点として「(仮称)デザイン・クリエイティブセンターKOBE」に生まれ変わる予定です。現在、多様な公募事業が行われるなか、本年度文化芸術創造都市モデル事業にも採択され、新たな事業を展開しています。今後、旧神戸生糸検査所(神戸創庫)がより創造的で面白い場となるためにご意見、ご提案をいただく、第2回評価観考「神戸創庫おもしろくし隊」(先着10名限定)の参加者を募集します。今回の評価事業は8組のアーティストの競演「ダンス展示室」です。みなさんの新しい視点と愛情ある評価で、神戸創庫と文化芸術による地域創造の新たな可能性を発見してください!

日時 10月10日(日)15:30〜18:00(予定)
スケジュール 15:30     旧神戸生糸検査所 入口集合 ちらしを持ってお待ちしています
15:30〜16:00 神戸創庫おもしろくし隊の説明、提供事業の紹介
16:00〜17:30 ダンス展示室 視察[新館4階他]
17:30〜    アフター・トーク

□ダンス展示室□□□■□□□
1室につき1組のアーティストたちが各々の部屋でダンス、パフォーマンスを展開します。劇場等の空間にはない至近距離でダンスに触れ、まるで美術館の展示のように次々に楽しめる、趣向を凝らした取り組みです。アーティストは以下の8組が予定されています。
■オリジナルテンポ・・・演劇+音楽+メディアアート
■宮北裕美・・・・ダンス
■ヤザキタケシ・・・・ダンス
■西岡樹理・・・・・・・・ダンス
■きたまり・・・・ダンス
■村上和司・・・・・・ダンス
■男肉ドソレイユ・・・・・ダンス
■Lighting Choreographer・・・ダンス+メディアアート

当日、旧神戸生糸検査所ではたくさんのイベントが行われています。評価観考に組み込んでいませんが、お時間のあるかぎり見学していただき、印象に残った提供事業は自由にコメントして下さいね!
◆「塩谷百人百景」「塩谷百年百景」・・塩谷にまつわる写真展[旧館2階]
◆陶芸家 佐藤千重 展覧会・・陶芸作品の展示[新館4階]
◆川勝のぞみ展・・現代アートの展覧会[新館1階大空間内スペース]
◆まちかどの近代建築写真展2010in神戸・・全国の赤レンガ建築の写真を集めた展覧会[旧館1階]
◆ぴょん吉 夢プロジェクト・・おもちゃのかえるに紙粘土で作った夢をのせるワークショップ[新館3階]他

問合せ先:神戸市企画調整局デザイン都市推進室(担当:松添) TEL 078-322-
6573  E-mail koji_matsuzoe(アットマーク)office.city.kobe.lg.jp (アットマーク)の部分を@に置き換えてお送りください。
主催:CPS thru Arts 実行委員会[NPO法人DANCE BOX・神戸大学・神戸市ほか]

ダンス展示室 アーティスト・プロフィール
オリジナルテンポ
2002年に演出家ウォーリー木下を中心として設立し、一切セリフを使わない
パフォーマンスグループとして活動。結成当初から演劇と音楽とダンスの垣根を
越えたパフォーマンスで話題となる。声、身体をはじめ、水や木、段ボール、テ
レビ、などの間違えた使い方は、「日常をアートに塗り替えるエンターテインメ
ント」として注目を集めている。海外を中心とした公演活動で高評価を得、「日
本の若者カルチャーを凝縮したような次世代の作品」として各国で反響を呼ぶ。

宮北裕美
兵庫県伊丹市出身。イリノイ大学芸術学部ダンス科卒業。近年の活動としてArt
Theater dB柿落とし公演、神戸ビエンナーレ船上パフォーマンス、Istanbul
Contemporary Dance & Performance Festivalにて山下残作品出演、鈴木昭男と
の即興セッション「からだをどうぞ」などがある。2010年12月にArtTheater dB
神戸(新長田)にてダンス公演「i.i.の死」を予定。

ヤザキタケシ
「81年俳優養成所に入所する。その後グローバルな可能性と抽象性に引かれダ
ンスを始める。97年より自らのカンパニー(ADCアローダンスコミュニケー
ション)を主宰し、人が生きて行く事の普遍性をテーマに、フィジカル・シニカ
ル・コミカルに創作を試みている。99年「スペースシリーズ」がフランスで話
題となり、海外からの招待公演多数。他国内外を問わず、ミュージカルの振付、
バレエ団への振付・出演、俳優としても活躍中。近畿大学文芸学部非常勤講師。

西岡樹里
2010年 神戸女学院大学舞踊専攻卒業。コンテンポラリー・マーサグラハムテク
ニック・バレエを学ぶ。
興味の向くまま、インプロビゼーション・コンタクト・ハウスやタップなども経
験。現在、辻本知彦の作品に参加するなど、フリーランスダンサーとして踊る傍
ら、自身の作品制作なども行う。10月に千日前青空ダンス倶楽部『アカイノノハ
ナ』神戸公演、12月にRevival/ヤザキタケシ『不条理の天使 / スペース4.5』出演。

きたまり
京都を拠点に活動するダンスカンパニーKIKIKIKIKIKI主宰、振付家、ダンサー。
小柄な体型を生かした瞬発力にキレのあるダンスと、ダンスの枠をはみだす様な
柔軟な振付が評価され、これまでに受賞歴多数、国内外で公演を行っている。

村上和司
ココロを聞いてさらけだし、楽しく動いて恥をかくことをテーマに2000年くらい
から関西を中心にソロダンス風活動しています。また、『RED MAN』とい
うソロ作品を代表作に、ライブハウス・カフェ・野外・各劇場・寺・踊りに行く
ぜとか場所問わず動いたりも。

男肉du Soleil
近畿大学で碓井節子氏に舞踊を学び、2010年きたまりに舞踏を教えてもらう
約束を取り付ける。2010年11月3日〜7日に京都アートコンプレックスに
て男肉ラストギグを決行する。

Lighting Choreographer 
神戸大学の藤本実を中心とした、光によって身体表現を拡張するプロジェクト。
この作品によって身体と音楽と光の関係を定義し、人間の表現を高めることを目
的とする。
Street dance version 「振付、出演」藤本実、平田真 「音楽」平田真
Contemporary dance version 「振付」関典子 「音楽」宇都縁 「出演」石名智子
posted by kobe at 09:20| 兵庫 ☀| Comment(0) | 今の活動きいといて! | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年10月02日

「KOBEデザインの日」記念イベント2010

神戸市は、平成20年に、ユネスコ(国際連合教育科学文化機関)・創造都市ネットワークの「デザイン都市」への加盟が認定されました。 その記念すべき10月16日を「KOBEデザインの日」とし、広く市民の皆様に、様々なデザインに触れていただく記念イベントを開催します。
今年度は「神戸+デザイン」と題し、「デザインが地域社会の中でできること」をテーマに、デザインの持つ「美や共感で人の心を動かしたり、行動を起こさせたりするチカラ」を、くらしに身近な様々な問題の解決につなげている取り組みを紹介しながら、市民の皆様にデザインが持つ新たな可能性を身近に感じ、楽しんでいただけるような様々なプログラムを展開します。

内容:
県立美術館館長の蓑豊氏やクリエイティブディレクターの永井一史氏をはじめ、各分野の専門家を招き、ウォーターフロントの可能性やデザインの新たな役割を考えるシンポジウム
楽しいおもちゃの交換会と、社会的な活動に取り組んでいる団体の体験型ワークショップを組み合わせた家族で楽しめる体験型イベント『ソーシャル“かえっこ”ビレッジ』
発展途上国の人々が直面する様々な課題を解決してきた数多くのデザインを紹介する『世界を変えるデザイン展 in KOBE』
ユネスコ・デザイン都市共同ポスターコンペや2010年度キッズデザイン賞授賞作品展など
その他にも、デザインに触れ、体験できる様々なプログラムを展開します。

詳しくは、下記をご参照ください。
http://www.city.kobe.lg.jp/information/project/design/event/2010/220913panfret.pdf
posted by kobe at 21:31| 兵庫 ☀| Comment(0) | 今の活動きいといて! | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ヤギさんが・・・

10月から堀尾貞治さんと現場芸術集団「空気」の展示替えがはじまります。
早速、ヤギさんに替わって新しい作品が登場してました。

image-20101002140412.png
posted by kobe at 14:05| 兵庫 ☁| Comment(0) | 今の活動きいといて! | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。