目次

2010年09月21日

独り言。十四杯目。

そこにある モノと人との 面白さ

18日の土曜日は堀尾貞治さんと現場芸術集団空気のパフォーマンスがありました。



非常階段から服や帽子、紙など9つのものを落とし、それをチョークで見ている者がなぞり、そこに3本の木切れを組む、その場、その時にだけ現れる作品。

IMGP0869.jpg

非常階段から垂らしたロープの先に筆をつけ『四角』と書く。

IMGP0886.jpg

IMGP0884.jpg


posted by kobe at 00:49| 兵庫 ☁| Comment(0) | カフェ店主の独り言きいとく? | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。